つくば市

筑波記念病院

筑波記念病院の住所は、茨城県つくば市要1187-299で、近隣住民から求められる医療を目標とします。看護師は長く勤務できる2交替で働いています。プライベートを考え、ナース同士のチームワークも忘れません。子育てをする看護師が必要とする託児所情報ですが、託児所はあります。夜勤シフトの相談など、それ以外の支援も聞いてみましょう。

筑波病院

筑波病院は、茨城県つくば市大角豆1761に設けられ、診療科目に関しては、内科/外科/整形外科/眼科/リハビリテーション科/神経内科/循環器科/消化器科/呼吸器科/皮膚科/麻酔科が設けられています。医療を求める患者に適切な治療を実行しています。日本医療機能評価機構による医療評価を受けています。医療の質が高い医療に努めています。

筑波大学附属病院

筑波大学附属病院の職員は1516人在籍しています。医療スタッフが皆、住民に総合的な医療を進められるよう励んでいます。インプラント義歯/顎顔面補綴/陽子線治療/エキシマレーザー冠動脈形成術/末梢血幹細胞による血管再生治療/超音波骨折治療法/肝切除手術における画像支援ナビゲーション/多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術/(他の保険医療機関に対して検体の採取以外の業務を委託して実施する保険医療機関)先天性難聴の遺伝子診断/内視鏡的大腸粘膜下層剥離術/前眼部三次元画像解析/胎児尿路・羊水腔シャント術 胎児閉塞性尿路疾患/内視鏡下甲状腺切除術 甲状腺乳頭癌/胎児胸腔・羊水腔シャントチューブ留置術 原発性胎児胸水又は肺分画症による続発性胎児胸水(胎児水腫又は羊水過多であって、胸腔穿刺後に速やかな胸水の再貯蓄が認められるもの(妊娠二十週以上三十四週未満のものに限る。)に限る。)/パクリタキセル静脈内投与(一週間に一回投与するものに限る。)及びカルボプラチン腹腔内投与(三週間に一回投与するものに限る。)の併用療法 上皮性卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん/経胎盤的抗不整脈薬投与療法 胎児頻脈性不整脈(胎児の心拍数が毎分百八十以上で持続する心房粗動又は上室性頻拍に限る。)/神経症状を呈する脳放射線壊死に対する核医学診断及びベバシズマブ静脈内投与療法 神経症状を呈する脳放射線壊死(脳腫瘍又は隣接する組織の腫瘍に対する放射線治療後のものに限る。)が行われており、従事者の連携で、最先端技術をフル活用した診療を担っています。